2006年07月31日

キングジョージ回顧

2分30秒の間、夢をみていたのかもしれない。

ハーツクライなら世界の頂点に立てると思っていた。

しかし、結果はハリケーンランとエレクトロキューショニストの高い壁に阻まれた。

世界の頂点までわずか1馬身差だったが、上位2頭の実力はやはり世界トップレベルであった。

ハリケーンランもエレクトロキューショニストも前走は2着に敗れ、決して体調が万全とは言い難かった。

エレクトロキューショニストにしては、歩様がおかしいとのことで一時は回避もあったほどだ。

それでもレースでは最後までしぶとさを見せたのは世界トップの底力のなせる業。

ハーツクライはレース展開云々もあるかもしれないが、これが現時点での日本馬の実力だと思う。

ただ、それは欧州の馬場でのことであり、JCでこの3頭が再戦することになれば恐らくハーツクライは負けないだろう。

ハリケーンランは父モンジューもそうだったが、軽い馬場が合うとはあまり思えないし、脅威になりそうなのはエレクトロキューショニストの方かなと。

でも、両馬ともJCには来ないのが濃厚のようであり、この3頭の再戦はもうなさそう。

今回のレースを見ていると、ディープインパクトの凱旋門賞はどうなのかと当然気になるところ。

ハリケーンランにエレクトロキューショニスト、さらにシロッコや3歳馬が出走してくる凱旋門賞。

正直厳しいような・・・

頭数もキングジョージより間違いなく多くなるし、エルコンドルパサーの年の様な極悪不良馬場になったら追い込みも容易じゃないはず。

あと、凱旋門賞のまえに一度叩いたほうがいいとも思う。

フォア賞あたりに出走してくれるといいんだけども。



とにかく、ハーツクライお疲れ様!

欧州でもこのキングジョージは歴史に残る名勝負と報道されているようだし、ハーツクライの名前も十分世界に広まったことだろう。

帰国後はゆっくり休養し、ディープのいないJCを快勝して、有馬記念でディープとの再戦を楽しませてほしいです。

banner_03.gif にほんブログ村 競馬ブログへ
(清き1票をお願いします!)


posted by shota at 13:00| 東京 ☁| Comment(78) | TrackBack(9) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

キングジョージの歴史

昨日はなんか適当な感じの日記になってしまった感が否めないので、今日はキングジョージの歴史について書こうと思います。

キングジョージは、正式名称を「キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス」と言います。

長いので日本では略してキングジョージと呼ぶのが一般的なようです。

なぜにダイヤモンドという名前がついているかは、スポンサーがDe Beersというダイヤモンドメーカーだからです。

深い歴史をもつ欧州競馬の中で、キングジョージは比較的新しくできたレースと言えます。

初めて実施されたのは、1951年のことで、大英博覧会100周年記念行事として施行されました。

ちなみに、英ダービーは1780年創設、エクリプスSは1886年に創設されています。

キングジョージは欧州競馬前半の集大成として、毎年有力馬達による激闘が繰り広げられます。

また、一流3歳馬が一流古馬と対戦する初めてのレースであるとも言えるでしょう(正式にはエクリプスSがそれにあたるんですが、集まるメンツを加味するとキングジョージの方がいいかもしれないので)。

昨年までの55回の実施で、古馬28勝、3歳馬27勝と対戦成績はほぼ互角。

斤量が古馬60.3キロに対して3歳馬は54.9キロと5.4キロ差あるのがこの時期で3歳馬も健闘している理由かもしれません。

(年代ごとの歴史)
1951年 創設
1966年 牝馬アントエディスが勝利し牝馬初優勝
1970年 Nijinskyが優勝
1971年 Mill Reefが優勝
1972年 Brigadier Gerardが優勝
1974年 名牝Dahliaが昨年に続き連覇達成
1975年 GrundyとBustinoが歴史的名勝負を繰り広げる
1986年 Dancing Braveが優勝
1990年 柴田政人騎手アサティスに騎乗し3着
1991年 ジェネラスが優勝
1994年 武豊騎手がホワイトマズルに騎乗し2着
1998年 Swainが昨年に続き連覇達成
2000年 モンジューが優勝
2001年 ファンタスティックライト2年連続2着惜敗
2002年 ゴーランがシーズン最初で優勝
2003年 アラムシャーが優勝
2005年 アスコット競馬場改修のためニューベリー競馬場で実施


こうして見てみると、世界の歴史的名馬の名前がずらりと並んでいます。

ホワイトマズルやジェネラスやモンジューなど日本でもお馴染みの馬も優勝馬に名を連ねています。

日本からキングジョージに参戦したのは今までで3頭。

1969年にスピードシンボリが5着、1985年にシリウスシンボリが8着、2000年にエアシャカールが5着でした。

今年のハーツクライは、現地の評価的にも実績的にもこの3頭の成績を上回るのは確実だと思います。

悪くても3着。

それ以下だったら相当凹みますあせあせ(飛び散る汗)

banner_03.gif にほんブログ村 競馬ブログへ
(清き1票をお願いします!)
posted by shota at 14:23| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

キングジョージ

さて、いよいよ今週末に迫ってきましたキングジョージ

欧州競馬前半の総決算のレースに、今年は日本からハーツクライが参戦。

果たしてどんなレースをみせてくれるのでしょうか。

(出走予定馬)
Hurricane Run 2.0倍
Electrocutionist 3.25倍
Hearts Cry 4.0倍
Maraahel 17倍
Soapy Danger 21倍
Enforcer 26倍
Cherry Mix 51倍
Belenus 101倍


banner_03.gif にほんブログ村 競馬ブログへ
(清き1票をお願いします!)
ラベル:競馬
posted by shota at 19:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 競馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。