2006年03月07日

ピザ屋の話

宅配ピザ。

電話一本で自宅まで出来立てのピザを届けてくれる便利なサービス。

しかし、私達はピザ屋のお店の中まで知る機会は全くない。

宅配ピザのお店の中はどうなってるのか。

そんな疑問からピザ屋でバイト始めました。




2月の中旬からバイト始めたので、そろそろ1ヶ月経とうとしています。

まだまだ未熟で物覚えが悪い自分ですが、頑張って日々配達をこなしています。

今日はそんな中でふと感じたことを書こうと思います。

まず、雨の日の配達はものすごく大変です

寒いし、夜だとほとんど人の姿が見えません。

さらに、問題はヘルメット。

雨でヘルメットに水滴がつき、視界を一層悪くしてくれます。

まぁ、でも天候はほとんど運なので仕方ないんですけどね。

それでも、配達した時に「雨の中ご苦労様」と言ってくれると救われますが、中にはなんとも思わないやつがいるのも事実。

ほとんど無言で商品を受け取りお金を払うって客、ものすごくむかつきます・・・

帰り道に「なんか一言くらい言えよ」と一人文句を言うのがむなしいっす・・・。

しかし、ごくまれにですが神様みたいなお客様もいらっしゃいます。

先日、けっこう強い雨の中配達をしました。

無事配達先のお宅に着くと、中から優しそうなおばあちゃんがでてきました。

「あらそんなに雨で濡れちゃって大変でしょう」とこちらを気遣ってくれました。

そして、お金を受け取り、おつりを渡そうとした時に「雨の中大変だったんだから、おつりはコーヒー代にでも取っといて」とおつりの500円を僕にくれたのです。

これには感動しましたね〜。

このお客様の配達担当になれたことを心から喜びました。

とまぁ、雨の日にはこんないいこともあるんですよ。

めったにあることではないと思いますけどね。



banner_03.gif


posted by shota at 19:14| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きのうはbaronが配達したかったみたい。
Posted by BlogPetのポケット君 at 2006年03月09日 10:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。